ねえみんな、「奇術師」について考えてみたいんだ。さほど頭を抱え込むことじゃないと思うんだよ、「お父さん」に関してはね。

お日様は雲に隠れてなんかいられない

HOME

曇っている大安の午後に座ったままで

六本木のキャバの女性を見ると、すごいなーと思う。
それは、キメキメの見た目、トーク術、そのための努力。
客に全て勘違いをしてもらわないで、夢を与えているとちらつかせながら、太客になってもらう。
たまに、もしかするとこのお姉さん、僕に本気なのかな?など思ってもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、難しそうだ。
一番は、私はナンバーワンのホステスさんたちの給料が凄く知りたい。

控え目に話す姉妹とぬるいビール
小学生の時から、本を読むこと嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、家の本棚や図書室にある本を読んでいました。
真剣に自分の意志で読み始めたのは、高校3年生の時。
国語の授業で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
話は、恋人を失ったヒロインの、高校時代の思い出からの幕開けです。
恋人を亡くすなんて経験は当時もその後も、ないです。
だけど、当時の私に主人公の悲しい気持ちが重なってきました。
複雑な感覚でした。
その子と、当時の私の年齢が近かった事、それも原因だと思います。
その帰りに、それを買ったのが本購入の初めての体験です。
ムーンライトシャドウは、「キッチン」の中の一つのお話です。
ずいぶん前の作品ですが、ずっと色あせない素敵な本だといわれています。

息もつかさず叫ぶあなたと紅葉の山

「今日の夕食はカレーよ。」
少年は母親が言った今のセリフを聞いて、思わず顔をほころばせた。
少年は学校が終わって家に帰ってから、居間でテレビを見ていた。
今日は西日が暑い。
窓辺では風鈴がときどき鳴っていた。
アニメチャンネルでは、昔のなつかしアニメを放映していた。
今日のアニメは「一休さん」だ。
こんな頭脳明晰な男の子が今いたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は考えていた。
だけど、キッチンからカレーのいい匂いが漂ってきたとき、少年はテレビのことなんて思考から消えていた。

雲が多い月曜の夜明けに焼酎を
夜中、寝付けないとなれば、借りてきたDVDをゆっくり見るようにしている。
昨夜選んだ映画は、「エスター」というアメリカ作品だ。
主役の、エスターは、頭が良いけれどかなり個性的な女の子。
最後に衝撃の結末があなたを待っている。
これは観賞の中盤で、結末が分かる人がいるのか疑問なほど意外な終わり方。
というのは、ドキッとさせるわけでもなく、ただゾッとするような終わり方だった。
DVDは、毎回の私の深夜の時を充実させてくれる。
映画と言えば、いつもミリンダだったりお酒だったりも常に一緒なので、体重が増えてしまうのが良くない。

無我夢中で話す友達と飛行機雲

お盆やすみだとしても里方から離れて生きているとあまり気づくことがないが、せめて、供え物くらいはと考え生まれた家へ届けた。
里方に居たら、香を持ち祖の出迎えにおもむいて、御盆の最後に送り届けに行くのだが、離れて定住しているので、そのように遂行することもない。
近所の方は、香を握りしめてお墓に行っている。
かような姿が目に触れる。
常日頃より墓所の近くの道路にはたくさんの車が路駐されていて、人もものすごくたくさん目にとびこむ。

喜んで体操するあなたと横殴りの雪
ある涼しい日のこと、少年はママからおつかいをたのまれて、はくさいとネギとぶた肉を買いに行くところであった。
少年は思った。
今日はおなべだ!わーい!…と。
しかし、事件は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたお使い用のお金2千円が、無いのである!
少年はスーパーマーケットのレジに並ぶ前に、念のためズボンのポッケをまさぐって確かめてみたのだ。
そして、その瞬間、お金が何処にもないという事実に気づいたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年はしょうがなく手ぶらで家へ向かうことにした。
今後は、お金は靴か靴下に入れとこう。
少年はこぶしを握り締め、そう決意した。

よく晴れた仏滅の晩にこっそりと

まだ見ぬ寒い寒いロシアに、絶対行こうとと思っている。
英語の勉強に無謀さを感じた時、ロシア語を勉強してみようかと検討したことがある。
だがしかし、さらりと読んだロシア語のテキストを見て一時間ほどであきらめた。
verbの活用が限りなく例外だらけだったのと、会話の巻き舌。
観光目的でスピリタスとロシア料理を目指して行きたいと思う。

悲しそうにダンスするあなたと俺
最近、フィクションを読むのはわずかになったが、以前に北方さんの水滸伝にわれを忘れるほどはまっていた。
別な作者が書いた水滸伝を見た時は、退屈な内容で、熱中することはなかったが、水滸伝の北方版を読みふけったときは、魅了され、読むのが止まらなかった。
仕事のなか休みや帰ってからの夕食中、入浴中でも読んで、1日一冊ずつ読んでいた。
登場キャラクターが血が通っていて、男気熱い登場キャラクターがとってもたくさんで、そこに心酔していた。

笑顔で熱弁する友人と横殴りの雪

かなり昔、体の調子が良くない上に、食生活と、眠りの時間帯が悪かったので、シミが増した。
マズいと考え、生活リズムを送り、健康に良い事をやろうとリサーチした。
そこで推進されたのが、アセロラドリンクだ。
今に至るまでほぼ毎日飲んでいる。
れもんよりもCが多く摂れるとの事だ。
健康的な体と美はやっぱり果物から作りだされるのかもしれない。

風の強い週末の夜は昔を懐かしむ
夏でイベントがとっても多くなり、このごろ、晩にも人通り、車の通りがとっても多い。
かたいなかの奥まった場所なので、常日頃は、夜半、人通りも車の往来もめったにないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどがされていて、人の行き来や車の通りがすごく多い。
ふだんののんびりとした夜が邪魔されてちょっとうるさいことがうざいが、平素、活況が僅少な地方がにぎやかさがあるように見えるのもまあいいのではないか。
周りは、街灯も無く、暗闇なのだが、人通り、車の往来があって、活気があると陽気に感じる。

サイト内メニュー