名古屋市 借金返済 法律事務所

借金返済に関する相談を名古屋市に住んでいる方がするならどこがいいの?

借金の督促

借金の金額が増えすぎて返済が厳しい…。
借金を複数抱えているので、債務整理で解決したい…。
もしそう思うなら、できる限り早く司法書士・弁護士に相談しましょう。
弁護士・司法書士が探してくれる解決策で、督促がストップしたり、月々の返済額が減ったり、などといういろいろな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所や法務事務所も複数あります。
ここでは、それらの中で名古屋市に対応している、お勧めの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
また、名古屋市の地元にある法務事務所や法律事務所も紹介しているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、1人で解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知識や知恵を借り、最善の解決策を見つけましょう!

借金・債務整理の相談を名古屋市に住んでいる方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

名古屋市の借金返済解決の相談なら、ココがおススメです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いも可能です。
相談料金ももちろん0円!
借金督促のストップも可能。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金・債務の問題について相談できます。。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金や債務の悩みを相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリの方法で借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないので、安く解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性も安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国に対応している司法書士事務所なので名古屋市の人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



名古屋市近くの他の弁護士・司法書士の事務所の紹介

名古屋市には他にも弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●すずたか総合法律事務所(弁護士法人)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-40ロイヤルセッションズ
052-955-0095
http://suzutaka-law.com

●関司法書士事務所
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目9-7
052-265-6153
http://sekijimusyo.jp

●山崎夕希子司法書士事務所
愛知県名古屋市瑞穂区東栄町3丁目25-3斉藤ビル6F
052-852-1147
http://yukiko-shihou.jp

●成田龍一法律事務所
愛知県名古屋市中区錦3丁目14-14高坂ビル6F
052-973-0531
http://narita-law.jp

●名古屋の弁護士片岡法律事務所
愛知県名古屋市丸の内2丁目19番25号
052-231-1706
http://kataokaoffice.jp

●丸の内総合法務事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-16
052-211-2471
http://marunouchi-legal.com

●守山法律事務所
愛知県名古屋市守山区中新10-8シャンボール小幡2F
052-792-8133
http://moriyama-houritsu.com

●愛知県弁護士会
愛知県名古屋市NakaWard,Sannomaru,1丁目4-2愛知県弁護士会館1F
052-203-1651
http://aiben.jp

●名古屋シティ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目19-5フレッジオLA7F
052-253-5200
http://nclo.jp

●菰田裕子司法書士事務所
愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目4-1
052-797-7702
http://k-siho.com

●しょうぶ法律事務所
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2名古屋丸紅ビル12F
052-223-5555
http://shobu-law.com

●司法書士法人ファミリア/丸の内事務所
愛知県名古屋市中区錦一丁目3番18号エターナル北山ビル7F
052-228-7533
http://saimuseiri.bz

●名古屋第一法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル5F
052-211-2236
http://daiichi-law.gr.jp

●弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目4-30
052-961-3911
http://nagoyasogo.jp

●辻司法書士事務所
愛知県名古屋市北区清水1丁目22-4
052-953-0006
http://tsuji-shihou.com

●弁護士法人あおば法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目9-16丸の内YSビル4F
052-972-0091
http://aoba-law.jp

●アプローチ(司法書士法人)
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-13名古屋センタービル8F
0120-512-432
http://approach.gr.jp

地元名古屋市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

名古屋市で借金返済、なぜこんなことに

いくつかの金融業者や人から借金してしまった状態を、多重債務と呼びます。
こっちでもあっちでも借金して、借金の金額も返済先も増えた状況です。
キャッシング業者で限界まで借りてしまったから、別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードを複数作ったり。
多重債務の状態までなった人は、大抵はもはや借金の返済が厳しい状況になっています。
もう、どうあがいてもお金を返済できない、という状態です。
ついでに金利も高利。
どうにもならない、手詰まりだ、と思ったら、法務事務所・法律事務所に相談するのが最良です。
弁護士・司法書士に相談し、今の状況を説明し、解決するための方法を示してもらいましょう。
お金・借金の問題は、弁護士や司法書士知恵・知識を頼るのが良いでしょう。

名古屋市/借金の減額請求について|借金返済

多重債務などで、借入れの返済が大変な状態に陥ったときに効果がある方法の一つが、任意整理です。
今現在の借り入れの実情をもう一度確かめてみて、過去に利子の支払過ぎ等があれば、それ等を請求する、もしくは今の借入れとチャラにし、なおかつ今現在の借入に関して今後の利子を減らして貰えるよう頼めるやり方です。
ただ、借入れしていた元金においては、きっちり返済をするということが基本となり、金利が減額された分だけ、過去よりもっと短い期間での支払いが条件となってきます。
只、利息を返さなくて良いかわりに、毎月の払い戻し額は減るでしょうから、負担が軽くなるのが一般的です。
ただ、借金しているローン会社などの金融業者がこのこれから先の利息に関連する減額請求に応じてくれなければ、任意整理はきっとできないでしょう。
弁護士の先生に相談すれば、絶対減額請求が通ると考える方も大勢いるかもわからないが、対応は業者によって色々あり、対応してくれない業者と言うのもあるのです。
只、減額請求に応じてくれない業者は物凄く少数なのです。
だから、実際に任意整理をやって、消費者金融などの金融業者に減額請求を実施するという事で、借金の心配がずいぶん無くなると言う人は少なくありません。
実際に任意整理が出来るかどうか、どれ位、借り入れの払戻が圧縮されるか等は、先ず弁護士の先生に頼む事がお勧めなのです。

名古屋市|自己破産のリスクって?/借金返済

率直に言えば世間一般で言われる程自己破産のリスクは少ないのです。土地やマイホームや高価な車など高価なものは処分されるのですが、生きるうえで必ずいる物は処分されません。
又二十万円以下の預貯金は持っていて問題ないです。それと当面の間の数か月分の生活するために必要な費用一〇〇万円未満なら持っていかれる事は無いです。
官報に破産者の名簿として掲載されるのですがこれもごく一部の方しか見ないです。
また俗に言うブラック・リストに掲載されしまい7年間位の間はローン・キャッシングが使用できない現状となるのですが、これはいたし方ない事なのです。
あと決められた職種に就職出来ないという事が有ります。しかしながらこれも極一定の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返すことのできない借金を抱えこんでるのであれば自己破産をするというのも1つの手です。自己破産を行えばこれまでの借金が全てチャラになり、新たな人生を始められるという事で良い点の方が大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士、公認会計士、司法書士、弁護士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限として後見人・遺言執行者・保証人にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれないのです。けれどこれらのリスクはおよそ関係無いときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きなものではない筈です。