例えば、何もわからないエイリアンに「ドクター」を説明するなら、どうやって説明する?「ミュージシャン」の成り立ちとか、いやいや、そもそもこの世界のことから説明始めるかもね。

お日様は雲に隠れてなんかいられない

HOME

気どりながら口笛を吹く父さんと気の抜けたコーラ

昔、両親は、私の対人関係に対しあからさまに無理を求めてきた。
一般的から離れては良くない、とも。
とてもつらい時期だったと考える。
一日が終わると、日課のように、作り話を楽しそうに母に話す。
そうすると、安心したような顔を見せてくれる。
周囲と変わったことをすると、嫌われる。
常にこればかり思っていた過去の私と両親。
かわいそうな話だと感じる。

どんよりした金曜の昼に食事を
ネットニュースを毎日見るけれど、新聞を読むことも前は好きだった。
現在は、無料で閲覧できるネットニュースがたくさんあるので、新聞はもったいなくて購入しなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間で多くの内容を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで調べやすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国の債務不履行になってしまうかもという話が気になる。
デフォルトになるわけないと思うけれど、もしそうなったら、日本も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

喜んで口笛を吹く姉ちゃんと飛行機雲

旅でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
なじみがあるのは、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、特に女性はコスメや小物など興味を持っている人も多いようだ。
この国では外見、つまり外見を磨くことへの情熱は素晴らしいといわれる。
就職活動や、パートナー選びの際に、日本よりもあからさまに判断する傾向が多い。
自然と、韓国で発売されるスキンケアなど、肌に良い成分が日本の物より多く含まれている。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待できるのではないだろうか。

汗をたらして吠える友人とファミレス
恐怖はいっぱいあるけれど、海が非常に怖い。
しかも、沖縄やハワイなんかの水色の海ではない。
どちらかと言うと、日本海などの黒々とした海だ。
ついつい、水平線に囲まれている・・・なんて状態を想像して怖くなってしまう。
それが味わってみたかったら、open water という映画がベスト。
ダイビングで海上に取り残された夫婦の、会話のみで展開していく。
どう考えても、私にとって怖い内容だ。
本当にあり得る話なので、臨場感はたっぷり伝わるだろう。

陽気にダンスする兄弟とぬるいビール

仕事で関わったお姉さんがいる。
ちょっと風変わりな方で、彼女の話はいつも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、クレーン免許、小型船舶の免許。
トイック800点、総合旅行業務取扱主任者、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士も受かったと言っていたような・・・。
さすがにこれを友達に話したら、あなたの勘違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の上司と結婚し退職していった。

風の強い火曜の夜明けに立ちっぱなしで
村上春樹の本がおもしろいと、読書ファンの人々の感想を知って、初めて読んだのがノルウェイの森だ。
このストーリーは日本国内外でたくさんの人に読まれており、松山ケンイチさん主演での映画化もされた。
彼の小説は、歯切れがよく、サクサクと読めてしまう所が良いと思う。
直子と緑との狭間でゆれる、主役のワタナベは、まるで生死のはざまでゆれているようだ。
生と死という骨組みを無視しても緑も直子も魅力があると思う。
そして、ハツミさんや永沢さんやレイコさんという人物が加わる。
全て魅力があり個性的で陰の部分を持ちあわせている。
随分前に知った文庫本だが読み返そう!と思い、開いたことが何回かある作品。
ワタナベは直子に、「私のお願いをふたつきいてくれる?」といわれ「みっつ聞くよ」と答える。
村上春樹ってこんな人なのかな?と思った部分。
それで、直子が幸せ者に見えた。

自信を持って熱弁する姉ちゃんとぬるいビール

一人の人間のほとんどが水分という調査もありますので、水分は人間の重要点です。
水分補給を充分に行い、みんなが健康的で楽しい夏を満喫したいものです。
ぎらつく強い日差しの中から蝉の声が耳に入るとこの頃、普段そんなに出かけないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策について丁寧な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌の手入れは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やはり気になってしまう部分かもしれません。
やはり、誰もが気を使っているのが水分補給につてです。
当然、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期は少し例外かもしれません。
なぜなら、多く汗をかいて、知らないうちに水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分の調子も関わってきます。
思いがけず、自分で気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑いときの水分摂取は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言ではないかもしれないです。
少し外へ出る時も、ちっちゃいものでオッケーなので、水筒があったらとっても経済的です。
一人の人間のほとんどが水分という調査もありますので、水分は人間の重要点です。
水分補給を充分に行い、みんなが健康的で楽しい夏を満喫したいものです。

曇っている日曜の夕方はビールを
近所のスーパーマーケットで買い物をしていた。
冷凍食品の部門でチャーハンをさがしていた。
物色していたら、韓国語で書かれた商品を探し出した。
確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
今年、韓国へ旅行した時に、何回も韓国に渡航している友人にリスペクトされたのがトッポギだ。
ここ日本で冷凍食品として、あのトッポギが買えるなんて、びっくりだった。

目を閉じて口笛を吹く彼と突風

出張に行けば、四日くらい泊まり込む日々がある。
とても、やる気はあるけれど、とても緊張しているので、3時間睡眠。
起きる予定時間のずいぶん前に、目が覚めてしまう。
けれど、帰宅した時の自由な感じは大好き。
思う存分遊びまくるし、深く寝るし、食べたいものを食べる。

陽気に歌う友人と暑い日差し
会社に属していたころ、仕事を辞職する機会がやってこなかった。
絶対辞めたかった訳ではないから。
もう気持ちがないのかもしれない。
だけど、ある日、熱意を込めて辞めると言った。
そんな日になぜかは分からないが、入社当時から少しまじめだと印象を抱いていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
会話の途中で、ほとんど気持ちを知る余地もないKさんが「今の仕事、大変だよね。だけどあなたはしばらくやれると思うよ。」という話をしてきた。
ありがたくて胸が苦しくなった。
これも何かのきっかけだと思い、会社の帰りに、採用担当に辞めることを無かったことにしてもらった。

サイト内メニュー