「百姓」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。なんとも思ってない人だって。君が考える「シュウマイ」はどうだろう?

お日様は雲に隠れてなんかいられない

HOME

蒸し暑い仏滅の明け方に料理を

息子がマルモダンスにはまっている。
私たちは教えていないけど、3歳なのに頑張ってまねしている。
テレビの中でマルモダンスの音が聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣いてしまう。
映像を流すと止まることなくずーっと見続けている。
母親としては、テレビを見てばかりよりも本を読んだり、おもちゃで遊んだりしているのが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも私の為でもある。

月が見える月曜の夜にカクテルを
何か贈り物を決定しなくてはと考えている。
結婚記念日が近くて、嫁に何か贈り物をあげたいとは言ってもすごく良い贈り物が考え付かない。
家内になんか手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、たいして、物欲が存在しないので、欲しい物が見当たらない。
なのだけれど、内緒でなんか見つけて驚かせたい。

目を閉じて叫ぶ父さんと壊れた自動販売機

友達の彼氏であるSさんの働く会社で、定期的に梅干しを注文している。
飲むと電話をかけてくるSさんが可愛がっている部下のEくんという男性は、ほとんどトークがかみ合ったことがない。
素面のときのE君、相当な照れ屋らしくあまりいっぱい話さない。
なので、私自身、E君と話したと言えるくらい話をしたことがない。

余裕で跳ねる先生と履きつぶした靴
暑い季節らしいことを特別していないが、友人と来週、コテージをレンタルしてBBQをやる。
いつもの恒例だが、日常から離れ、息抜きになる。
男手が少ないので、大変いっぱい火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、炭の準備が、女の人は苦手な人が多いので、頑張らないと。
だけど、しかしきっと皆でワインをがぶがぶ飲むその時は、お酒をがぶがぶ飲まない様に気をつけよう。

目を閉じて叫ぶ彼女と横殴りの雪

すごく甘いお菓子が好きで、甘いケーキなどを自作します。
普通に手動で一生懸命混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、最近、ホームベーカリーで作ってみたら、たいそう手軽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにもしています。
砂糖やバターが少量でもニンジンやかぼちゃの甘味があるから、笑顔で口にしてくれます。
このごろは、スイーツ男子なんて言葉もメディアであるから一般的だけれど、しかし、だいぶ昔は、ケーキを作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、お菓子をつくる男性が多いよねとも言われたりします。

気分良く大声を出す姉ちゃんとわたし
先日、明日香と麻衣子と旅行に行ってきました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた専門学校の同級生で、一緒に頑張った仲間です。
しかも、力を入れていたのが旅行関係とトイックだったので、観光が、好きな学生たちでいっぱいでした。
特に、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色々なところへ旅をした思い出は忘れられません。
私はもともとそれほど友人が多くないし、それで十分だと満足しています。
という事で、素直に喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのもツボでした。

笑顔で歌う兄弟と冷たい雨

私は、敏感肌で、ファンデは少しも使用してはいけないし、スキンケアも限定されている。
どうしようもないので、果物や飲み薬のパワーに頼ってしまうのだが、近頃摂っているのがコラーゲンだ。
コーヒーに入れて、毎朝習慣にしているけれど、ちょっとは素肌がつややかになった。
それに、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、感心した。

どんよりした月曜の深夜に微笑んで
北方版水滸伝の人間味あふれていて男気熱い人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側のキャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
キャラクターに人間くさいもろさが見えるのもそして、魅了されていたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に可能な限り腐心しているのが読み進めていて楽しい。
読みとおしていて楽しい。
しかしながら、ひきつけられる作中人物が不幸な目にあったり、夢がやぶれていく様子も胸にひびくものがあるから魅了されるフィクションだ。

湿気の多い月曜の夜に座ったままで

服屋さんって大変・・・と思うのは私だけだろうか。
毎日、徹底的にコーディネイトしないと店のイメージにつながる。
私なんて、会社で仕事する時はスーツ着ればいいし、メイクだって簡単でOKとされる。
外出するときは、自分でお気に入りのファッションを纏えばいいし、家で働くときはワンピース一枚でできる。
だから、きっと、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきてファッションポイントやコーディネイトを語ってくれる。
私はどうしてもそれに緊張してしまい、買わずに去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う大きい理由の一つだ。

汗をたらしてお喋りするあなたと草原
さやかちゃんはパッと見のんびり屋に見られるようだけど、活発な女友達。
夫と、1歳の賢治くんと、3人暮らしで、ミスドの向かいのアパートに住んでいる。
正社員の仕事も子育ても完璧に行い、かなり忙しいけれど、時間の有効活用は上手。
少しでも暇を見つけると、今日暇?など絶対メールを入れてくれる。
私は結構頻繁にケーキを買って、彼女の住まいに行く。

サイト内メニュー